ストレスで睡眠の質が悪くなる

ストレスで睡眠の質が悪くなる

睡眠の質とストレスには、大きな関係があることをご存知でしたか?

ストレス社会で生活する現代人の多くは、仕事や人間関係などから常に大きなストレスを抱えています

そのため、睡眠不足に陥りやすく、疲れがなかなかとれないだけでなく、睡眠の質まで低下すると言われています。

では、ストレスと睡眠の質の関係についてさらに詳しくみてみましょう。

ストレスが身体に与える影響とは?

人間はストレスを感じることで、身体の中でさまざまな悪影響がでてきます。特に慢性的で過度なストレスは、身体だけでなく、精神面にも大きなダメージがあります

心と身体は常に裏表一体なので、一度バランスが崩れてしまうと、なかなか眠ることができず、不眠症になってしまい、睡眠の質が低下してしまいます。

それにより、精神面と健康面を健康な状態に維持することができなくなってしまうため、良質な睡眠を心がける必要があります。

睡眠でリフレッシュされるストレス!

睡眠中の脳は、脳で発生した老廃物を除去するリフレッシュする時間です。

脳は常に脳脊髄液に囲まれており、覚醒している間は脳が働いていて効率よくできないため、睡眠中に脳脊髄液によるリフレッシュが行われるようになっています。

そのリフレッシュ機能には、ストレスホルモンを抑制する働きも含まれています。そのため、睡眠をしっかり取ることで、脳を十分に休ませることができるようになり、睡眠の質の向上につながります。

家族の悩みも解決可能な「快眠セラピストW資格取得講座」

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングでは、さまざまな睡眠に関する症状や、症状別の改善方法を学べる「快眠セラピストW資格取得講座」を提供しています。

この講座は日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「快眠セラピスト」と、日本インストラクター協会主催の「安眠インストラクター」の2つの資格、それぞれの認定試験対策にも有効な講座内容となっています。

資格取得を目指して体系的に学ぶことによって、自分や家族が抱えている睡眠の悩みを解決できるような知識も身につけられるようになっています。家族や大切な方のために講座の受講を検討してみるのはどうでしょうか?

まとめ

ストレスを抱えていると睡眠の質が低下する恐れがあります。そのような状態にならないよう、しっかり良質な睡眠時間を確保するようにしましょう。

さらに睡眠について学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングの講座受講をオススメします。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

快眠セラピストW資格取得講座