寝ないでいると人間はどうなる?

寝ないでいると人間はどうなる?

人間は寝ないでいると、どうなってしまうのでしょうか?一番に想像しやすいのは、昼間の眠気ではないでしょうか?

たとえば、睡眠をとらない状態で自動車を運転してしまうと、眠気におそわれ、さまざまな危険が生じます

それによって、車の事故など、命を失う危険性にまで及んでしまいます

では、もし寝ないでいると、人はどうなってしまうのか、見てみましょう。

うつ病などの精神病のリスクが高まる。

睡眠障害にはさまざまな種類がありますが、そのひとつに「睡眠不足症候群」という睡眠不足の病気があります。慢性的に睡眠が不足していることを本人は気づかない場合が多いようです。

なぜなら、常に睡眠が不足しているので脳の働きは低下しているため、眠気を感じることができなくなっているからです。しかし、強い疲労感や無気力、注意力の散漫、落ち着きの無さ、食欲不振などの症状があらわれます。

その状態が長く続くと精神が不安定になり、うつ病などの精神病の発症リスクが高まります

寿命が短くなる。

毎日しっかり寝ないでいると、免疫力が低下して風邪などの感染症にかかりやすい体質になってしまいます。それに加え、肥満や高血圧症、糖尿病などの生活習慣病にもかかりやすくなります。

睡眠不足で精神面も不安定な状態となるため、うつ病などの精神病の発症リスクも高まり、最後には寿命が短くなってしまう、という悪影響を及ぼします。

成長や発達障害が起きる。

子どもが寝ないでいると成長や発達に悪影響が及びます。就寝時刻が遅く睡眠が不足している場合でも、言語障害や知能障害、精神運動の発達が遅れるなどの症状があらわれます。

また、睡眠不足の子どもはイライラしやすく、攻撃性や衝動的な行動をするようになります。学業に集中することが難しくなるため成績が上がらなかったり、睡眠不足で朝起きることができずに、自主性もなくなります

さらに、家の中で遊ぶことを好むため太陽の光を浴びず、太りやすい体質になりやすいという影響も及びます。

まとめ

人間が寝ないでいると、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。それは大人だけでなく子どもにも及びます。つまり、人間には適度な睡眠時間と質がとても大切なのです。

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングでは、睡眠に関して一通りの知識を学び、睡眠資格取得も目指せる「快眠セラピストW資格取得講座」を提供しています。

まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

快眠セラピストW資格取得講座