睡眠中に人の体の中で起きていること

睡眠中に人の体の中で起きていること

みなさんは自分が寝ている時の状態をご存知ですか?いびきをかいたり、歯ぎしりしているかもしれません。

睡眠中の人の身体は、1日の疲れの修復、回復、整理を行っています。

つまり睡眠中に、さまざまなことが身体の中で行われているのです。その中のいくつかをご紹介しましょう。

記憶の整理

人の身体は睡眠中、脳が起きていた間の出来事を再生し、それらを整理しています。それを区分しながら、ある出来事は長期記憶として保存したり、不要な記憶は削除したり、などの作業を行っています。

記憶できる長期記憶には限度がないため、一生その記憶は消えることはありません。また、どうでもよい出来事は、たとえ2日前のことでもなかなか思い出せないことがあります。

このように、脳は記憶すべき出来事に優先順位をつけ、睡眠中に記憶を整理している、という事がわかっています。

人は睡眠中に夢をみます。人が無意識になっている睡眠中だけに、脳は頭の中に想像上の現実を作っていきます。そのため、時々夢なのか現実なのか勘違いをしてしまうこともあります。

しかし、目が覚めた時、夢の内容はほとんど記憶から消えてしまいます。夢はレム睡眠中に起きると言われています。

現在のところ、脳が長期記憶をしている時、脳の毒素を洗浄している際に夢を見ていると理解されていますが、まだ現段階では夢を見ること自体については、それほど解明されていません

睡眠中に”ビクッ!”とするジャーキング現象

睡眠中の人の身体は、動かないようにマヒした状態になっていますが、睡眠中の麻痺現象としてジャーキングが時々発生します。

それは脳が体を安静にするよう命令しているメッセージのタイミングと、神経系が受け取るタイミングとがズレている際に”ビクッ!”としたジャーキング現象が生じると言われています。

時には目が覚めるほど激しいジャーキングを起こす場合もあります。今のところジャーキング現象の仕組みはまだまて完全には理解されていませんが、近い将来その理由がわかる日が来るでしょう。

まとめ

いかがでしたか?睡眠中に人の身体の中では、上記で見た以外にもさまざまなことが行われています。

諒設計アーキテクトラーニングの「快眠セラピストW資格取得講座」では、睡眠に関して一通りの知識を学び、睡眠資格取得を目指す内容となっています。

この機会に睡眠の質を向上させるためにも、講座の受講を検討してみてはいかがですか?まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

快眠セラピストW資格取得講座