不安要素は寝る前に解消しよう

不安要素は寝る前に解消しよう

現代社会に生活するわたしたちは常にストレスにさらされています。

そのため、知らず知らずのうちにストレスは体内に蓄積されているのが現状です。

ストレスを緩和させるひとつの方法は、質の良い睡眠をとることですが、寝る前に不安要素があるとそれが原因で眠れなくなり、睡眠の質が低下してしまいます。

では、不安要素を寝る前に解消する方法についてみてみましょう。

就寝1~2時間前からリラックスできる時間を作ろう!

不安要素は、脳と身体をリラックスさせることで解消することができるため、それは不眠の予防になります。そのため、就寝1~2時間前にリラックスできる時間を意識的に作るようにしましょう。

特に音楽鑑賞は脳波をα波に変える働きがあるので、脳をリラックスした状態へと導けるようになっています。また、アロマオイルをたき、香りによって脳を緩和させることも可能です。

さらに、リラックス効果のあるハーブティーや、安眠効果のあるホットミルク、精神安定作用があるホットココアなどを、就寝30分前に程度に飲むことで、心地よい眠りにつけるようになるでしょう。

就寝前に不安の原因に対して備えをしよう!

すでに不安要素の原因がはっきりしている場合、それに対して備えをすることで、ストレス解消が可能となります。特に不安要素が強くなっていると、何もできなくなってしまい、就寝前に不安が募り眠れなくなり、さらに事態は悪化します。

そのため、たとえ小さなことだとしても、しっかり備えをし、就寝前に何かしらの安心感を得るようにしてから床に就くようにしましょう。

それによって、穏やかな落ち着いた心で眠りにつけるでしょう。

眠りに落ちやすい環境を作ろう!

不安要素を解消し眠りやすい環境を作ることも大切です。就寝前にコーヒーや紅茶などのカフェインを含んだ飲み物、タバコなどの刺激物は睡眠の質を低下させます。

また、少しの量のアルコールなら入眠をサポートするかもしれませんが、大量のお酒は睡眠障害の要因となりますので気を付けましょう。

そして、自宅でゆっくりと入浴することによって、不安要素が解消されると共に、身体が温まり、全身の血の巡りがよくなり、リラックス効果が得られるでしょう。

入浴後、必要以上に身体が冷えないうちに床につくことで、心地よく入眠へとつなげられます。

まとめ

不安要素やストレスなどは就寝前に解消し、質の良い睡眠がとれるように努力しましょう。そのためにも、上記でみた点を参考に当てはめると良いでしょう。

さらに詳しい快眠&安眠の条件について学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングの「快眠セラピストW資格取得講座」の受講をオススメします。

快眠セラピストW資格取得講座