睡眠を阻害する要因とその影響

睡眠を阻害する要因とその影響

睡眠時間を確保していたとしても、質の良い睡眠でない限り、心と身体の健康を守ることはできません

質の良い睡眠をとるには、布団に入る前から身体を整える必要があり、睡眠を阻害する行動を控えることが安眠や快眠へと導きます

その上で、睡眠を阻害する要因とその影響を知り、理解しておくことはとても大切です。

睡眠を阻害する要因①帰宅時間の遅さ

睡眠を阻害する要因のひとつに、仕事や外出などによる帰宅時間の遅さがあります。

残業のし過ぎや、アフターファイブに飲みに出かける事などで、帰宅時間が遅くなり、そのうえ翌朝通勤や通学のために早く起床する必要がある、などような状況であるとすれば、十分な睡眠をとることは出来ないでしょう。

どのような影響が出るのでしょか?睡眠不足や睡眠の質の低下のため、疲れはとれず、仕事や学業など日中の活動に集中できなくなる、という影響が及ぶでしょう。

一方、睡眠時間と質の良い睡眠をとれている方の場合、集中力や精神力、体力などを備えられるため、しっかりと活動することが可能です。

睡眠を阻害する要因②ベッド・布団に入ってからの寝ながらスマホ

10~30代を中心に寝ながらスマホをしている人は多く、睡眠を阻害する要因のひとつとなっています。

スマホから放たれるブルーライトは、刺激性がとても強いため、夜寝る前に大量に浴びると概日リズムが乱され、睡眠の質が低下します

そのため、睡眠不足となり、職場や学校での活動の質が下がります。質の良い睡眠を確保するためにも、寝ながらスマホは控えるようにしましょう。

睡眠の現代事情も学べる諒設計アーキテクトラーニングの講座

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングは睡眠の基礎知識はもちろん、睡眠の現代事情、さまざまな睡眠障害、快眠の条件などが学べる「快眠セラピストW資格取得講座」を提供しています。

この講座は日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「快眠セラピスト」と、日本インストラクター協会主催の「安眠インストラクター」のそれぞれの認定試験対策にも有効な講座内容となっています。

睡眠に関する問題はさまざまな種類があり、すぐに解決できるものもあれば、時間を必要とするものもあります。この講座では、さまざまな睡眠障害の症状や、種類別の改善方法を学べる内容となっています。

そのため、自分だけでなく、家族や友人などの悩みを解決することも可能です。履歴書にも記入することができる資格取得をめざし、安眠や快眠について学んでみませんか?

まとめ

いかがでしたか?諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することで、身につけた知識によって、睡眠障害を改善へと導けるでしょう。まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

快眠セラピストW資格取得講座