寝る前のお酒は体に悪い?

寝る前のお酒は体に悪い?

お酒は”ナイト・キャップ”とも呼ばれ、睡眠薬の代わりとして飲んでいる方もいます。

しかし、就寝前にお酒を飲むことで眠りが浅くなったり、夜中にトイレに行きたくなり目が覚めたり、朝早く目が覚めてしまうなどのデメリットもあります。

また、1日の終わりにお酒を飲むことを楽しみにしている方も少なくありません。

では、寝る前にお酒を飲むことは身体に悪いのでしょうか?

寝酒は体にいいの?

適量のお酒を楽しむことは、身体にもよく全く問題ではありません。しかし、寝酒が習慣的になっている場合は注意が必要です。

アルコールには、睡眠促進効果や鎮静効果などがあるため、お酒を飲むことで眠気を催します。しかし、人間の身体はすぐに順応してしまうため、すぐに効かなくなってしまいます

たとえば最初は1杯のアルコールで眠れた人でも、毎日飲んでいるうちにアルコールに強くなり、お酒の量が2杯、3杯・・と増えてしまい、最終的にはアルコール依存症などの深刻な状態に陥ってしまう危険性もあります。

就寝前のお酒は睡眠の質が低下する!

質の良い睡眠は、浅い眠りと深い眠りが交互に繰り返されます。しかし、寝る前にお酒を飲むと、身体はアルコールを分解しようと活発な状態となるため深い眠りにつくことができません。

そのため、浅い眠りが続いてしまうので、脳や身体の1日の疲れをとることができず、翌朝も疲労感が残った状態になってしまいます。

疲れが残ったまま仕事をこなし、帰宅後お酒を飲んで寝てしまう事によって、悪循環の繰り返しとなり、質の良い睡眠をとることができなくなって、体調が悪化してしまいます。

寝る前のお酒は「適量」に!

では、就寝前に飲めるお酒の適量とは、どのくらいの量なのでしょうか?

実は、適量には個人差があります。また、その日の体調や状態によって酔いの程度も異なるので、一概に適量を述べることはできません

しかし、厚生労働省が推奨している”節度ある適度な飲酒”は、1日平均純アルコールは約20g程度とされています。つまり、それくらいの量なら体に害がなく、お酒を楽しめる範囲という事になります。

お酒は適度に飲む限りは、体に良いものなので、くれぐれも就寝前の過度な飲酒を続けることはしないようにしましょう。

まとめ

寝る前のお酒が習慣的になっていると、質の良い睡眠をとることができないため、1日の疲がとれずに常に疲労感がある事になってしまいます。最終的には体調不良やアルコール依存症などを引き起こします。

そのため、寝る前のお酒はほどほどに控えるようにしましょう。

諒設計アーキテクトラーニングの「快眠セラピストW資格取得講座」では、睡眠に関して一通りの知識が学べるようになっています。

睡眠についてさらに学びたい方は、まず無料の資料請求からはじめてみませんか?

快眠セラピストW資格取得講座