成長ホルモンが最も多く分泌するのはいつ?

成長ホルモンが最も多く分泌するのはいつ?

みなさんは「睡眠のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがありますか?

それは睡眠中、最も成長ホルモンが分泌される時間帯のことです。

そのため、体の健康や美容にさまざまな効果を期待できます。

では、成長ホルモンを最も多く分泌する睡眠のゴールデンタイムとはいつのことなのでしょうか?

成長ホルモンが最も分泌される睡眠のゴールデンタイムはいつ?

成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯は、一般的に22時から深夜の2時までと言われています。なぜでしょうか?

それは、人間の体内に備わっている1日周期の体内時計を適切に保つためです。

それにより、朝になれば自然と活発になり、目が覚め、夜になると自然に眠くなる、という体内時計によって、生活リズムを整えることができます。体内時計は、朝日を浴びることでリセットされ、体内に1日のリズムを刻む身体の仕組みです。

朝日をしっかり浴びなくなってしまうと、体内にリズムを刻むことができず、ホルモン分泌や自立神経の調整機能に乱れが生じてしまいます

そのため、22頃に眠りにつき、朝6時頃に起床するように努力するようにして、ゴールデンタイムに睡眠をしっかり取るようにしましょう。

寝はじめの3時間に成長ホルモンが分泌される!

22時から深夜2時までの間に成長ホルモンが最も分泌されると言われていますが、睡眠のゴールデンタイムは、寝ている間の大切な時間帯、つまり、成長ホルモンが分泌される量にも当てはまります

つまり、22時から深夜2時までは成長ホルモンが最も分泌されるされる時間帯ですが、それに加え、寝始めから3時間も成長ホルモンの分泌量が高まると言われています。

もし22時に眠ることができなくても、眠りについた直後3時間に健康や美容に役立つ成長ホルモンが最も多く分泌されます

成長ホルモンがたくさん分泌されるメリットとは?

成長ホルモンが多く分泌されればされるほど、多くのメリットが得られます。まず疲労回復や免疫力が向上され、睡眠中に身体がリセットされるため、健康な体が作られるでしょう。

また、お肌の組織を修復し再生する働きもあるので、シミやしわの予防など美肌効果も期待できます。さらに体内の脂肪を分解する作用もあるので、太りにくい体質へと改善させることも可能です。

まとめ

成長ホルモンが最も分泌されるのは22時から深夜2時、もしくは寝始めの3時間です。多くの成長ホルモンが最も分泌されることで健康、美容、ダイエット効果まで得られます。

是非、睡眠時間を計算し体内リズムが整うよう意識的に努力するようにしましょう。