睡眠の質と健康の関係

睡眠の質と健康の関係

日本人の睡眠時間は、欧米諸国と比較すると短いと言われています。

そのため、日本人の5人に1人が何らかの睡眠障害を抱えており、高血圧やうつ病、生活習慣病などの原因になっています。

しかし、質の良い睡眠をとる事によって、心と身体の健康を守ることは可能です。

では、睡眠の質と健康の関係についてみてみましょう。

睡眠の役割とは?

1日の3分の1を費やすとも言われている睡眠は、心と身体の健康を保つために欠かすことができないものです。

睡眠不足や睡眠の質が悪いと、疲労はたまり、判断力や集中力、思考力、記憶力などすべての能力が低下します。

また、感情や気分が不安定になり、うつ病などの心の病の原因ともなります。さらに心疾患や脳血管疾患なども睡眠障害が原因で引き起こすとも言われています。

そのため、睡眠は毎日健やかに過ごし、生命を維持するための重要な役割を担っているのです。

睡眠は”質”が大切!

睡眠時間をたくさんとっても熟睡できなかったり、朝起きても疲れが残っている・・という経験を誰もがしたことがあることでしょう。それは、質が高い睡眠とは言えません。

では質の高い睡眠とは何でしょうか?それは、睡眠のメカニズムがしっかり整っていることです。

睡眠のメカニズムは、身体は休んでいても大脳が活発に働いている浅い眠り「レム睡眠」と、身体と同時に大脳も休んでいる深い眠り「ノンレム睡眠」の状態が何度も繰り返されています。

これらのメカニズムがしっかり働くことで、質の良い睡眠となります。

睡眠障害と安眠の条件が学べる諒設計アーキテクトラーニングの講座

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングでは、睡眠について学べる「快眠セラピストW資格取得講座」を提供しています。

この講座は「快眠セラピスト」と「安眠インストラクター」の認定試験にも有効となっており、安眠を得るためのさまざまな改善方法を学べる内容となっています。

たとえば質の良い睡眠をとる方法として、食事や運動、入浴など具体的な提案や、さまざまな睡眠障害を改善する方法について扱っています。

まとめ

睡眠の質を高めることで、心と身体の健康を守れるようになります。諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で睡眠についてしっかりと学ぶことは、自分だけでなく、家族の健康にも役立てることが可能です。

また、資格を活かして講師として活動するなどさまざまな道も開かれています。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

快眠セラピストW資格取得講座