起きる環境を変えても睡眠の質は上がる

起きる環境を変えても睡眠の質は上がる

以前はよく眠れたのに最近はなかなか寝付くことができない・・、夜中に何度も目が覚めてしまう、朝起きても疲れが残っているなど、睡眠に関して何かしらの障害を感じているのであれば、起きる環境を変えると良い場合があります。

起きる環境、つまり睡眠をとる環境を変えることで、睡眠の質を向上へと導くことが可能です。

”光”の環境を工夫してみよう!

睡眠の質は、光の環境を変えることで向上へと導けることがあります。明るい光は、交換神経を覚醒させる効果があります。

そのため、心地よく入眠できるよう、就寝時に照明をすべて一気に消すのではなく、少しづつ暗くなるような照明にするという改善法があります。つまり、光環境を作ることで、質の良い睡眠が得られるようにするのです。

就寝前に照明が明るいリビングや、入眠前にパソコンやスマートフォンで使用する光は、脳を覚醒する働きがあるため、光の刺激で眠りに入るタイミングがずれてしまいます

そのため、心地よく入眠したい場合は、それらの使用を控えるようにしましょう。

朝起きる環境に”光”が差し込むことも大切!

睡眠の質を向上させるために、就寝前の光環境を整えることに加え、翌日の朝、明るい光が浴びれる環境を整えることも大切です。起きる前の目を閉じた状態でも、目は光を察知できるようになっています。

それにより、身体は目覚める準備をはじめます。そのため、遮光カーテンを使って真っ暗な環境にするよりも、少しづつ明るさを察知できるようにした方が、体内時計をリセットできる最適な室内環境と言えるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングの講座で心理学を学びながら睡眠について学んでみよう!

3年連続口コミランキング第1位を獲得している老舗通信教育機関・諒設計アーキテクトラーニングでは、心理学を学びながら、日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「快眠セラピスト」と、日本インストラクター協会主催の「安眠インストラクター」のそれぞれの認定試験にも有効な「快眠セラピストW資格取得講座」を提供しています。

この講座では、睡眠の原理や役割などの基礎知識をはじめ、さまざまな原因から生じる睡眠障害とその改善法、安眠や快眠の条件など美しい眠りを手にする実践的な方法を学べる内容です。

関連する職業への就職の際などで、履歴書で効果的にアピールすることで、セラピストやインストラクターとして活躍する際に有利となるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することで、睡眠の質を向上させる実践的な方法がさらに奥深く学べるようになっています。

資格取得を目指し、講座の受講を検討されてはいかがでしょうか?まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

快眠セラピストW資格取得講座