資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

睡眠は身体や心の不調、病気と密接に関係しています。つまり、質の良い睡眠をとることによって、身体や心の健康はもちろん、美容にも良い影響を与えられるでしょう。

そのため、最近は眠り方や睡眠の質が注目されています。それに伴い、睡眠資格が話題となっています。

睡眠資格とはどのような資格なのでしょうか?その難易度と勉強方法についてみてみましょう。

睡眠資格とは?

睡眠資格は現在のところ、数種類しかない珍しい資格です。

その中でも人気の睡眠資格は、受験資格がなく誰でも自由に受験することが可能な、日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「快眠セラピスト」と、日本インストラクター協会主催の「安眠インストラクター」です。

近年、睡眠障害を抱えている現代人は多く、睡眠資格を活かせるシーンは年々増えているため、今後睡眠資格に需要が増えることが予想されます

睡眠資格の難易度について

快眠セラピスト」認定試験を受験するには、主催している日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページで申請手続きをする必要があります。

認定試験は年に6回実施しており、受験方法は自宅での在宅受験を採用しています。合格基準は70%以上となっているので、比較的合格しやすい認定試験と言えるでしょう。

安眠インストラクター」認定試験も、主催している日本インストラクター協会のホームページで受験の手続きをします。快眠セラピスト同様、年に6回試験が実施されており、自宅での受験となっています。合格基準は70%以上です。

睡眠資格取得の勉強方法とは?

快眠セラピストも安眠インストラクターも合格基準は70%以上ですが、睡眠に関する専門的な知識が出題されるので、しっかり試験勉強をして臨む必要があります

そこでおすすめの勉強方法として、2つの認定試験に対応している諒設計アーキテクトラーニングの「快眠セラピストW資格取得講座」の受講があります。

この講座は、初心者の方でも問題なく学べるようカリキュラムが構成されいるため、安心して学べる内容となっています。また、勉強中に分からないことがあった場合も、何度でも専属トレーナーに質問できるといった、質疑応答サポート体制が整っているのもおススメポイントです。

まとめ

快眠セラピストと安眠インストラクターは、合格基準は70%以上なので比較的合格しやすい認定試験ですが、資格を取得するためには、しっかりと勉強して試験に臨む必要があります

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講して、効率よく勉強しませんか?

快眠セラピストW資格取得講座