不眠症と過眠症の違い

不眠症と過眠症の違い

「不眠」と言っても、その症状には個人差があります。つまり、睡眠障害にはさまざまな症状があります。

不眠の代表的な症状として「不眠症」と「過眠症」がありますが、これらは全くことなる症状があらわれます。

両者にはどのような違いがあるのでしょうか?不眠症と過眠症について詳しくみてみましょう。

不眠症とは?

不眠症の特徴は、床についても30分から1時間眠りにつけなかったり、眠りが浅い、朝早く目が覚める、眠りを維持できないなどの症状が続くことです。

したがって、よく眠れないゆえ、日中に眠気に襲われたり、疲れがとれない、集中力がないなどのさまざまな体調不良を引き起こします

つまり、入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害などの睡眠障害を不眠症と言います

過眠症とは?

過眠症の特徴は、夜しっかり寝ているにもかかわらず、日中に強い眠気が繰り返し生じることです。

特に10~20代に発症する症状です。過眠症には3つのタイプがあります。

そのひとつ「ナルコレプシー」は、日中耐えがたい眠気と居眠りを繰り返す症状で、長くて30分程度居眠りをします。

特発性過眠症」は、昼間の居眠りが1時間以上続き、目覚めた後も眠気が持続します。夜の睡眠時間は10時間以上になることもあります。

反復性過眠症」は、まれな過眠症のひとつですが、強い眠気が3日から3週間持続します。

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講し質の良い睡眠とろう!

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングでは、睡眠に関して学べる「快眠セラピストW資格取得講座」を提供しています。

この講座では睡眠の基礎知識はもちろん、睡眠の現代事情、さまざまな睡眠障害、安眠の条件などについて学べます。

たとえば睡眠障害には、不眠症や過眠症のほかに、さまざまな心の病気や薬なども関係しています。睡眠障害を改善して、質の良い睡眠を得るための、実践的な工夫や提案も学べる内容となっているため、自分や家族の健康の改善につなげられるようになるでしょう。

また、「快眠セラピスト」と「安眠インストラクター」の認定試験に有効な内容にもなっているため、睡眠について体系的に学び、2つの資格を取得し、睡眠関連の知識が役立つような仕事につく際、履歴書などでもアピール可能です。

まとめ

不眠症と過眠症は睡眠障害に該当しますが、全く異なった症状が現れます。

諒設計アーキテクトラーニングの「快眠セラピストW資格取得講座」を受講することによって、睡眠に関して体系的な知識を身につけられるため、資格も取得も可能となるでしょう。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

快眠セラピストW資格取得講座