精神不安の要因は不眠かも

精神不安の要因は不眠かも

近年、感情の起伏が激しくて不安定な心の状態が続く、精神が不安定な方が増えています

人間関係や職場でのストレスから情緒不安定となり、強い不安から夜も眠れなくなることがあります。

それとは逆で、全く異なる要因からしっかりと睡眠をとれず不眠症となり、精神不安を感じる場合もあります。

では、不眠がもたらす精神不安について詳しくみてみましょう。

不眠の症状とは?

睡眠障害にはいくつかの種類があり、その症状は異なっています。では代表的な4つの症状をみてみましょう。

まず「入眠障害」があります。布団に入ってもなかなか眠ることができずに寝付けない状態が30~1時間以上続く状態です。

中途覚醒」は、眠りにつくことはできても、睡眠中に何度も目が覚めてしまう障害です。

早朝覚醒」は、起きる時間よりも早い時間に目が覚め、その後眠ることが出来ない症状をさします。

最後の「熟睡障害」は、適切な睡眠時間を確保しているのに眠った実感がなく、日中に疲労感を感じたり集中力が低下するなどの症状があらわれます。

不眠が起こす精神不安とは?

不眠症を含めた睡眠障害は、さまざまな病気を引き起こします。それには高血圧、糖尿病などの生活習慣病、脳卒中や認知症などの脳の病気、泌尿器の病気、そして、精神不安などの心の病気などがあります。

特に、夜眠れなくなり、睡眠が不足することが要因で、うつ病が発症するリスクが高まります。また、幻覚や妄想などの症状が現れる統合失調症や、行き過ぎる不安を感じる不安障害なども、不眠症が要因となっていることがあります

さまざまな睡眠障害とその改善法が学べる諒設計アーキテクトラーニングの講座

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングでは、睡眠の基礎知識をはじめとし、睡眠の現代事情やさまざまな睡眠障害、快眠&安眠の条件が学べる「快眠セラピストW資格取得講座」を提供しています。

この講座は心理学も学びながら日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「快眠セラピスト」と、日本インストラクター協会主催の「安眠インストラクター」といった2つの資格の認定試験対策にも有効な講座内容となっています。

これらの資格は、仕事に活かすことはもちろん、自分や家族の睡眠の質を向上させるような、実践的な知識を学べる優れた講座内容となっています。

まとめ

不眠症はさまざまな病気を引き起こし、精神不安もそのひとつです。睡眠障害を改善することで、精神不安も改善へと導くことが可能です。

諒設計アーキテクトラーニングで睡眠について学び、睡眠の質を見直してみませんか?

快眠セラピストW資格取得講座